シャープ黒字浮上、今期営業益は275億円に 

ホンハイとのシナジー効果が寄与

 11月1日、シャープは、未公表だった2017年3月期の連結業績予想を公表した。営業損益は257億円の黒字予想。写真は10月千葉市幕張メッセで開催された電子部品・デバイスを中心とした展示会「シーテックジャパン2016」で撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - シャープ<6753.T>は1日、未公表だった2017年3月期の連結業績予想を公表した。営業損益は257億円の黒字予想とした。前年度は1619億円の赤字。今年8月に同社を買収した台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>グループとの相乗効果などが寄与するとしている。

通期営業黒字なら3年ぶりとなる。

鴻海効果を強調

液晶ディスプレーの販売減などで通期売上高は前年比18.8%減の2兆円の見込み。減収だが、継続的な構造改革の取り組みも寄与する。純損益は418億円の赤字(前年実績は2559億円の赤字)と予想している。

16年4─9月期連結業績は売上高が前年同期比28.1%減の9196億円、営業損益が7900万円の黒字(前年同期は251億円の赤字)、純損益が454億円の赤字(同836億円の赤字)だった。

上期でほぼ収支トントンだった営業損益は下期で256億円の黒字を見込む。コスト削減や製品構成の改善で385億円、このうち鴻海との相乗効果を99億円と見込む。

鴻海から派遣され8月に社長に就任した戴正呉氏が都内で記者会見を行った。戴社長は「鴻海は世界一のEMS(電子機器受託製造サービス)。調達や部材のボリュームが大きく物流コストが低い」と強調。白物家電やテレビで上期に20億円の削減効果を生み、今後は液晶ディスプレーや太陽光パネル事業にも同様の効果を波及させると説明した。

来年4月をめどに中期経営改革を発表する意向も示した。

次ページ有機EL、投資慎重に考える
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT