台風上陸のフィリピン、少なくとも12人死亡

多くの水田やトウモロコシ畑が冠水

 10月21日、非常に勢力の強い台風22号に見舞われたフィリピンの当局は21日、少なくとも12人が死亡し、多くの水田やトウモロコシ畑が冠水したと明らかにした。写真は台風で被害にあった自宅の前で立ちつくす女性。フィリピンの北イコロス州で20日撮影(2016年 ロイター/Erik De Castro)

[ベンゲット(フィリピン)/香港 21日 ロイター] - 非常に勢力の強い台風22号に見舞われたフィリピンの当局は21日、少なくとも12人が死亡し、多くの水田やトウモロコシ畑が冠水したと明らかにした。

当局によると、インフラや農作物への被害は調査中だが、北部の州で数千ヘクタールの農地が被害に遭ったことを確認したという。

国家災害リスク軽減管理評議会の報道官によると、犠牲者のうち8人は、ルソン島北部の山岳地域で死亡した。

同報道官は、2013年にフィリピンに上陸し少なくとも6000人が死亡した台風を引き合いに出し、「台風30号にまた襲われたようだった」と、ラジオで語った。

台風が接近している香港の金融中心地では、必要なサービスを除いたすべてが閉鎖された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT