台風上陸のフィリピン、少なくとも12人死亡

多くの水田やトウモロコシ畑が冠水

 10月21日、非常に勢力の強い台風22号に見舞われたフィリピンの当局は21日、少なくとも12人が死亡し、多くの水田やトウモロコシ畑が冠水したと明らかにした。写真は台風で被害にあった自宅の前で立ちつくす女性。フィリピンの北イコロス州で20日撮影(2016年 ロイター/Erik De Castro)

[ベンゲット(フィリピン)/香港 21日 ロイター] - 非常に勢力の強い台風22号に見舞われたフィリピンの当局は21日、少なくとも12人が死亡し、多くの水田やトウモロコシ畑が冠水したと明らかにした。

当局によると、インフラや農作物への被害は調査中だが、北部の州で数千ヘクタールの農地が被害に遭ったことを確認したという。

国家災害リスク軽減管理評議会の報道官によると、犠牲者のうち8人は、ルソン島北部の山岳地域で死亡した。

同報道官は、2013年にフィリピンに上陸し少なくとも6000人が死亡した台風を引き合いに出し、「台風30号にまた襲われたようだった」と、ラジオで語った。

台風が接近している香港の金融中心地では、必要なサービスを除いたすべてが閉鎖された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。