ブルーオリジン、ロケット打ち上げ実験成功

2018年までに商業飛行開始目指す

 10月5日、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者が起業した航空宇宙会社ブルーオリジンは、テキサス州の試験施設でロケットの打ち上げ実験を実施した。ブルーオリジン提供写真(2016年 ロイター)

[ 5日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が起業した航空宇宙会社ブルーオリジンは5日、テキサス州の試験施設でロケットの打ち上げ実験を実施した。

実験は緊急時を想定したもので、ロケットから分離した無人の乗員カプセルは、無事、パラシュート降下を果たした。ロケットも着陸に成功した。

同社のエンジニアは、乗員カプセルが墜落すると予想していたが、緊急時を想定したプランが順調に進んでいることが裏付けられた。

ベゾス氏は、2018年までに商業飛行が開始との見方を示している。ロケットは地上100キロ以上まで打ち上げられ、乗員は数分間の無重力状態を体験できるという。

人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。