グーグル、4日のイベントで新型スマホ発表へ

ハイエンド市場でアップルiPhoneに対抗

 10月4日、米アルファベット傘下のグーグルは、サンフランシスコで開くイベントで新型スマートフォンを発表する見通し。写真は同時に説明がされると見通しとなっている「グーグル・ホーム」が発表されたカリフォルニア州マウンテン・ビューでのイベントで、5月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[4日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは、サンフランシスコで4日に開くイベントで新型スマートフォンを発表する見通し。

「グーグル」ブランドの端末を売り込み、ハイエンド市場でアップル<AAPL.O>に対抗する。

アナリストによると、イベントでは、今年発表したスピーカー型の音声認識端末「グーグル・ホーム」や、仮想現実(VR)ヘッドセット「デイドリーム」についても説明があるとみられている。

グーグル・ホームは、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のスピーカー型端末「エコー」に対抗する商品だ。

今回イベントで発表されるみられるスマートフォンは、「グーグル・ネクサス」の後継シリーズ「Pixel」の2モデル。

グーグルはネクサスを2010年に発売したが、サムスン電子 <005930.KS>の端末に押され、市場シェアが低迷している。アナリストは販売網に問題があると指摘している。

Pixelは価格が600ドルを超える見通しで、ハイエンド市場でアップルと対決することになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT