グーグル、4日のイベントで新型スマホ発表へ

ハイエンド市場でアップルiPhoneに対抗

 10月4日、米アルファベット傘下のグーグルは、サンフランシスコで開くイベントで新型スマートフォンを発表する見通し。写真は同時に説明がされると見通しとなっている「グーグル・ホーム」が発表されたカリフォルニア州マウンテン・ビューでのイベントで、5月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[4日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは、サンフランシスコで4日に開くイベントで新型スマートフォンを発表する見通し。

「グーグル」ブランドの端末を売り込み、ハイエンド市場でアップル<AAPL.O>に対抗する。

アナリストによると、イベントでは、今年発表したスピーカー型の音声認識端末「グーグル・ホーム」や、仮想現実(VR)ヘッドセット「デイドリーム」についても説明があるとみられている。

グーグル・ホームは、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のスピーカー型端末「エコー」に対抗する商品だ。

今回イベントで発表されるみられるスマートフォンは、「グーグル・ネクサス」の後継シリーズ「Pixel」の2モデル。

グーグルはネクサスを2010年に発売したが、サムスン電子 <005930.KS>の端末に押され、市場シェアが低迷している。アナリストは販売網に問題があると指摘している。

Pixelは価格が600ドルを超える見通しで、ハイエンド市場でアップルと対決することになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。