「シビックタイプR」の次期型はどんな車か

欧州で新型ハッチバックも披露

新型シビック ハッチバックをお披露目

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ホンダは明日10月1日から一般公開となったパリモーターショーで、新型シビック ハッチバックを初お披露目した。そして今回、待望のシビック タイプRがサプライズデビュー。

新型シビック ハッチバックでは、従来型からホイールベースを延長。全長130mm、全幅30mmの大型化を図る一方で全高を20mm下げることで。ワイド&ローなプロポーションとなった。またボディのねじり剛性は52%アップとされるかたわらで、軽量化にも成功。「液封コンプライアンスブッシュ」などを採用したストラット式フロントサスペンション、マルチリンク式リアサスペンションと合わせて、優れたハンドリングと快適な乗り心地の両立に成功したとのことである。

そしてヨーロッパ仕様の新型シビック ハッチバックには、ダウンサイジング時代に適応した1リッター直列3気筒と、1.5リッター直列4気筒からなる2種類の「VTEC TURBO」が設定される。

1リッター直列3気筒ガソリンVTEC TURBOは、129ps/5500rpmの最高出力を発生。また6段MT仕様で20.4kgm/2250rpm、CVT仕様でも18.4 kgm/1700-4500rpmの最大トルクを得ている。

次ページパリ・サロンにおける最大のニュースとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT