「シビックタイプR」の次期型はどんな車か

欧州で新型ハッチバックも披露

新型シビック ハッチバックをお披露目

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ホンダは明日10月1日から一般公開となったパリモーターショーで、新型シビック ハッチバックを初お披露目した。そして今回、待望のシビック タイプRがサプライズデビュー。

新型シビック ハッチバックでは、従来型からホイールベースを延長。全長130mm、全幅30mmの大型化を図る一方で全高を20mm下げることで。ワイド&ローなプロポーションとなった。またボディのねじり剛性は52%アップとされるかたわらで、軽量化にも成功。「液封コンプライアンスブッシュ」などを採用したストラット式フロントサスペンション、マルチリンク式リアサスペンションと合わせて、優れたハンドリングと快適な乗り心地の両立に成功したとのことである。

そしてヨーロッパ仕様の新型シビック ハッチバックには、ダウンサイジング時代に適応した1リッター直列3気筒と、1.5リッター直列4気筒からなる2種類の「VTEC TURBO」が設定される。

1リッター直列3気筒ガソリンVTEC TURBOは、129ps/5500rpmの最高出力を発生。また6段MT仕様で20.4kgm/2250rpm、CVT仕様でも18.4 kgm/1700-4500rpmの最大トルクを得ている。

次ページパリ・サロンにおける最大のニュースとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT