2位バルセロナが圧勝、首位レアルに迫る

6試合消化してレアルが勝ち点14でトップ

 9月24日、サッカーのスペイン1部、王者バルセロナは敵地でヒホンに5─0の圧勝を収めた。ネイマール(右)は2得点(2016年 ロイター/Eloy Alonso)

[24日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は24日、各地で試合を行い、王者バルセロナはリオネル・メッシを故障で欠きながらも敵地でヒホンに5─0の圧勝を収め、引き分けに終わった首位レアル・マドリードとの差を詰めた。

バルセロナは前半29分にルイス・スアレスのゴールで均衡を破り、ラフィーニャも決めて2─0で折り返した。後半29分に相手選手がこの日2回目の警告を受けて退場すると、終盤の9分間でネイマールの2ゴールを含む3得点を追加して試合をものにした。

レアルはラスパルマスと2─2で引き分けた。清武弘嗣を擁するセビリアはビルバオに1─3で敗れた。清武はベンチ入りしたが出番はなかった。乾貴士が所属するエイバルはレアル・ソシエダに2─0で勝利。乾はベンチ外だった。

6試合を消化してレアルが勝ち点14でトップ。バルセロナが同13で単独2位とし、ビルバオが同12で3位に。セビリアは同11で4位に後退し、ラスパルマスとエイバルが同10で続く。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT