2位バルセロナが圧勝、首位レアルに迫る

6試合消化してレアルが勝ち点14でトップ

 9月24日、サッカーのスペイン1部、王者バルセロナは敵地でヒホンに5─0の圧勝を収めた。ネイマール(右)は2得点(2016年 ロイター/Eloy Alonso)

[24日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は24日、各地で試合を行い、王者バルセロナはリオネル・メッシを故障で欠きながらも敵地でヒホンに5─0の圧勝を収め、引き分けに終わった首位レアル・マドリードとの差を詰めた。

バルセロナは前半29分にルイス・スアレスのゴールで均衡を破り、ラフィーニャも決めて2─0で折り返した。後半29分に相手選手がこの日2回目の警告を受けて退場すると、終盤の9分間でネイマールの2ゴールを含む3得点を追加して試合をものにした。

レアルはラスパルマスと2─2で引き分けた。清武弘嗣を擁するセビリアはビルバオに1─3で敗れた。清武はベンチ入りしたが出番はなかった。乾貴士が所属するエイバルはレアル・ソシエダに2─0で勝利。乾はベンチ外だった。

6試合を消化してレアルが勝ち点14でトップ。バルセロナが同13で単独2位とし、ビルバオが同12で3位に。セビリアは同11で4位に後退し、ラスパルマスとエイバルが同10で続く。

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。