富士重工、レガシィ93万台を世界でリコール

ワイパーの不具合で出火も

 9月23日、富士重工業は、フロントワイパーに不具合があるとして「レガシィ」計約93万台を世界でリコールすると発表した。写真のロゴは米国ニューヨーク州マンハッタンで3月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[東京 23日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は23日、フロントワイパーに不具合があるとして「レガシィ」計約93万台を世界でリコール(回収・無償修理)すると発表した。日本ではワイパーの付け根から出火する事故が5件起きているが、けが人は出ていない。海外でも不具合が発生しているという。

海外は約75カ国に及び、米国が約59万台と最も多い。日本では10万7388台(2009年4月―13年7月製造)が対象。

ワイパーモーターのボトムカバー(電気回路内蔵)の製造が不適切なためで、対象車両すべて対策品に交換する。

 

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。