電通、過去のデジタル広告で不適切な対応

午後4時、この問題について開示

 9月23日、電通は、過去のデジタル広告サービスで不適切な対応があったことは事実と認めた。写真は都内で2012年7月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 電通<4324.T>は23日、過去のデジタル広告サービスで不適切な対応があったことは事実と認めた。午後4時にあらためて、この問題について開示する。

23日付の日経新聞は、インターネットでの広告掲載で過去に不適切な取引をしていたことが明らかになったと報じた。トヨタ自動車<7203.T>などの広告主には報告済みという。

トヨタ自動車の広報部は「常日頃から代理店やパートナーなどとの関係を大切にしながらビジネスを行っている。詳細を申し上げる立場にはないが、過去に電通が行ったデジタル取引において問題があったとの報告を受けている。現時点ではそれ以上のコメントは差し控えたい」と話している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。