電通、過去のデジタル広告で不適切な対応

午後4時、この問題について開示

 9月23日、電通は、過去のデジタル広告サービスで不適切な対応があったことは事実と認めた。写真は都内で2012年7月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 電通<4324.T>は23日、過去のデジタル広告サービスで不適切な対応があったことは事実と認めた。午後4時にあらためて、この問題について開示する。

23日付の日経新聞は、インターネットでの広告掲載で過去に不適切な取引をしていたことが明らかになったと報じた。トヨタ自動車<7203.T>などの広告主には報告済みという。

トヨタ自動車の広報部は「常日頃から代理店やパートナーなどとの関係を大切にしながらビジネスを行っている。詳細を申し上げる立場にはないが、過去に電通が行ったデジタル取引において問題があったとの報告を受けている。現時点ではそれ以上のコメントは差し控えたい」と話している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。