デンソーが富士通テンを子会社化へ

自動運転技術の強化で

[東京 9日 ロイター] - デンソーは<6902.T>9日、カーナビなどを手掛ける自動車用電子機器メーカーの富士通テン(兵庫県神戸市)の子会社化に向けて、同社の主要株主である富士通<6702.T>とトヨタ自動車<7203.T>と協議すると発表した。

デンソーはすでに10%出資している富士通テンを子会社化して協力関係を深め、自動運転技術などの開発を強化する。今後、富士通、トヨタと具体的な検討に入り、2016年度内をめどに最終契約の締結を目指す。

デンソーが富士通テンへの出資を51%に引き上げる一方、富士通が55%から14%に引き下げる方向で協議する。トヨタは35%の出資を維持する。富士通テンは自動運転に重要なミリ波レーダーなどの技術を持っており、デンソーは両社で自動運転や高度運転支援、電子基板技術の開発などを加速する狙い。

富士通テンの2016年3月期連結売上高は3633億円だった。

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。