錦織が2年ぶりベスト8進出、全米オープン

次はマリーvsディミトロフの勝者と対戦

 9月5日、テニスの四大大会最終戦、全米オープン男子シングルス4回戦、第6シードの錦織圭(写真)は第21シードのイボ・カロビッチを下し、準々決勝に進んだ(2016年 ロイター/Anthony Gruppuso-USA TODAY Sports)

[5日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは5日、ニューヨークで男子シングルス4回戦を行い、第6シードの錦織圭は第21シードのイボ・カロビッチ(クロアチア)を6─3、6─4、7─6で下し、準々決勝に進んだ。

全米オープンでの8強入りは、準優勝を果たした2014年大会以来。次戦では第2シードのアンディ・マリー(英国)対グリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)戦の勝者と対戦する。

このほか、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)も勝ったが、フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と対戦した第8シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は途中棄権した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT