錦織が2年ぶりベスト8進出、全米オープン

次はマリーvsディミトロフの勝者と対戦

 9月5日、テニスの四大大会最終戦、全米オープン男子シングルス4回戦、第6シードの錦織圭(写真)は第21シードのイボ・カロビッチを下し、準々決勝に進んだ(2016年 ロイター/Anthony Gruppuso-USA TODAY Sports)

[5日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは5日、ニューヨークで男子シングルス4回戦を行い、第6シードの錦織圭は第21シードのイボ・カロビッチ(クロアチア)を6─3、6─4、7─6で下し、準々決勝に進んだ。

全米オープンでの8強入りは、準優勝を果たした2014年大会以来。次戦では第2シードのアンディ・マリー(英国)対グリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)戦の勝者と対戦する。

このほか、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)も勝ったが、フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と対戦した第8シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は途中棄権した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?