大坂なおみ16強進出ならず、全米オープン

マディソン・キーズに敗れる

 9月2日、テニスの全米オープン、女子シングルス3回戦で世界ランク81位の大坂なおみ(写真)は、同9位で第8シードのマディソン・キーズに5─7、6─4、6─7で惜しくも敗れ、16強進出を果たせなかった(2016年 ロイター/Jerry Lai-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 2日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは2日、ニューヨークで試合を行い、女子シングルス3回戦で世界ランク81位の大坂なおみ(18)は、同9位で第8シードのマディソン・キーズ(21、米国)に5─7、6─4、6─7で惜しくも敗れ、16強進出を果たせなかった。

大坂は第3セットでゲームカウント5─1とし、勝利まであと1ゲームを取るだけとしたが、そこからプレッシャーがのしかかってプレーを崩すとキーズに5ゲーム連続で奪われ、第12ゲームで6─6としたがタイブレークをものにすることができなかった。

キーズは試合後、「最後は経験の差が出た」とコメント。「これまでああいう状況を経験してきたか、つらい負け方をしてきたかが物を言う。経験が選手をより一層強くしてくれる」と述べた。

女子ダブルスでは穂積絵莉、加藤未唯組が2回戦を突破。大坂、奈良くるみ組は1回戦で敗退した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT