米グーグルが「相乗りサービス」を開始か 

ウーバーに対抗

 8月30日、持ち株会社アルファベット傘下の米グーグルは今秋、サンフランシスコでモバイル向けナビゲーションアプリ「ウェイズ」の利用者に対し、相乗りサービスを本格的に開始する計画だ。米配車サービスのウーバー・テクノロジーズに対抗する狙い。写真はベルリンで昨年8月撮影(2016年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[30日 ロイター] - 持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>傘下の米グーグルは今秋、サンフランシスコでモバイル向けナビゲーションアプリ「ウェイズ」の利用者に対し、相乗りサービスを本格的に開始する計画だ。米配車サービスのウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]に対抗する狙い。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。

報道によると、グーグルは5月、カリフォルニア本社周辺で特定の会社の従業員を対象にウェイズの利用者が相乗りできるサービスの試験運用を開始した。

一方、アルファベットの幹部、デービッド・ドラモンド氏が29日、ウーバーの取締役を退任した。両社間の競争が激しくなっていることが理由。グーグルは2013年、ウーバーに2億5800万ドル投資したが、今では互いをライバル視する傾向が強まっている、とWSJは伝えた。

ロイターのコメント要請に対するグーグルの回答は得られていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT