森精機、“マザーマシン"世界一への布石

欧州最大手の独ギルデ社と商号統一へ

将来の統合や合併、ありえなくない

また今年中には森精機側も、主力拠点である伊賀工場や昨年稼働した北米工場でギルデ製機械の生産を始める方針。日本や米州に強い森精機、欧州に強いギルデが相互に補完しあい、工場稼働率も安定させる狙いだ。

森精機とギルデの売上高を合算すると、約4000億円。工作機械メーカーとしては世界最大規模となる。両社が同じ看板を名乗る今回の商号変更は、森精機とギルデが企業連合として、一緒に「世界一」を目指す決意を表したとも取れる。将来の経営統合や合併はありえない話でもない。

(撮影:梅谷 秀司)

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。