森精機、“マザーマシン"世界一への布石

欧州最大手の独ギルデ社と商号統一へ

将来の統合や合併、ありえなくない

また今年中には森精機側も、主力拠点である伊賀工場や昨年稼働した北米工場でギルデ製機械の生産を始める方針。日本や米州に強い森精機、欧州に強いギルデが相互に補完しあい、工場稼働率も安定させる狙いだ。

森精機とギルデの売上高を合算すると、約4000億円。工作機械メーカーとしては世界最大規模となる。両社が同じ看板を名乗る今回の商号変更は、森精機とギルデが企業連合として、一緒に「世界一」を目指す決意を表したとも取れる。将来の経営統合や合併はありえない話でもない。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。