米スタンフォード大学が飲酒ルールを厳格化

パーティーでの「強い酒」を禁止に

8月23日、米カリフォルニア州の名門、スタンフォード大学が学生の飲酒ルールを厳格化することが明らかになった。学生が大型サイズの酒類ボトルを自宅に保管することや、強いアルコール類を学生パーティーで提供することを禁止する。写真は2014年5月撮影(2016年 ロイター/Beck Diefenbach)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米カリフォルニア州の名門、スタンフォード大学が学生の飲酒ルールを厳格化する。学生が大型サイズの酒類ボトルを自宅に保管することや、強いアルコール類を学生パーティーで提供することを禁止する。

この新ルールは書簡の形で22日に学生に送付された。それによると、カリフォルニア州の飲酒可能年齢の21歳以上の学生でも、750ミリリットル以上の大きさの酒類のボトルはいかなる酒類でも自宅に保管してはいけない。それよりも小さなサイズであれば、アルコール度数20%の強い酒類でも認められるという。

同大学では2015年、水泳チームに所属していた学生が、酒に酔って意識不明の女性に性的暴行を加える事件が起きている。学生への量刑が軽かったこともあり、世論の批判が殺到した。

スタンフォード大は、新ルールは長期的な飲酒規制強化策の一環で、事件とは無関係だとしている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。