テスラ・モーターズ、大容量充電池を発表 

最高航続距離は482.8キロに

8月23日、米テスラ・モーターズは、「モデルS」と「モデルX」向けの電池容量100kWhのバッテリー「P100D」を発表した。北京で4月撮影(2016年 ロイター/JASON LEE)

[サンフランシスコ 23日 ロイター] - 電気自動車大手(EV)テスラ・モーターズ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)は23日、「モデルS」および「モデルX」向けの電池容量100kWh(キロワット時)のバッテリー、「P100D」を発表した。

テスラは、大容量のP100Dを搭載することで世界最高の加速力を持つ電気自動車が実現できるとしている。マスクCEOは新充電地について「非常に大きな一里塚であり、世界中の人々が未来は電気(自動車)にあると納得すると信じている」と述べた。

マスク氏はこれに先立ち、ツイッターで商品発表を行うと表明、テスラ株は一時228.49ドルまで上昇した。この日の取引は前日終値比約0.86%高の224.84ドルで終了している。

テスラによると、新充電地の搭載によりモデルSの最高航続距離は300マイル(482.8キロ)を超える。マスク氏は気温がそれほど高くない環境下なら、サンフランシスコからロサンゼルスまで1回の充電で走行できるとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。