駅のキャリーバッグ衝突事故は被害者も悪い

被害者の過失割合は「30~35%」の可能性

便利なキャリーバッグだが、ぶつかれば人をけがさせることもある(写真:zon / PIXTA)

私はこの10年以上業務でキャリーバッグを愛用している。

弁護士の仕事はどうしても重くて嵩張る紙の資料が多く、手提げかばんだと重くて耐えられないときがある。そんなこともあって、キャリーバッグがまだ普及する以前から使うようになった。

10年前に私が使い始めたころはまだキャリーバッグ利用者は少数派であったが、今やキャリーバッグが花盛りである。

便利だが駅や車内では嫌われ者?

この連載の記事一覧はこちら

しかし、このキャリーバッグは単体でもそれなりの存在感を持つため、とかく嫌われる。特に混雑している車内では1人分のスペースを取ってしまうこともあるほか、大人の目線のはるか下にあるので、その動きを予想しづらいのも厄介だ。

素材が硬質素材でできているものもあって、ぶつかれば衝撃がある。車輪が付いているので轢かれることもある。最近では駅の構内にもキャリーバッグを使用するときの注意を促す啓発ポスターが目につくようになった。

360度のあらゆる角度から大勢の人が行き交う駅構内では、いきおいキャリーバッグもあらゆる角度から人に曳かれてやってくる。キャリーバッグを身体にくっつけて迷惑にならないように歩いている人もいれば、特に後ろを気にすることもなく平然と後ろ手を伸ばしきってキャリーバッグを曳いている人もいる。ときどきキャリーバッグにぶつかっている人や、キャリーバッグに行く手を阻まれて戸惑っている人もいる。

そんな光景が現実の事故となり、裁判で争われたことがある。2016年4月24日に東京地裁で損害賠償を命じる判決が出された事故である(判例時報2267号63頁)。事案は次のようなものだ――。

次ページキャリーバッグに接触、転倒!
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。