ブリュッセルの広場で「自爆犯騒ぎ」

放射能測定の学生と判明

7月20日、ベルギーの首都ブリュッセルの広場で、冬用のコートを着用し、裾からワイヤーを垂らした男性が目撃され、爆発物処理の専門要員が出動する騒ぎがあった。写真は同市内を警備する兵士ら(2016年 ロイター/FRANCOIS LENOIR)

[ブリュッセル 20日 ロイター] - ベルギーの首都ブリュッセルの広場で20日、夏のさなかに冬用のコートを着用し、裾からワイヤーを垂らした男性が目撃され、警察が広場を封鎖して爆発物処理の専門要員が出動する騒ぎがあった。男性はその後、放射能レベルを測定していた学生と判明した。

警察のスポークスマンは記者団に「行動が普通ではなかったため、こうした措置を取らざるを得なかった」と説明。爆発物処理担当らがロボットで調べたところ、コートの中に金属板が検知されたため、取調べのために男性を連行したという。

ブリュッセルでは3月、イスラム過激派による空港への攻撃で32人が死亡する事件が起きている。21日は国民の祝日で、当局は14日にフランスのニースで発生したのと同様の攻撃に警戒を強めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT