ホンダが守る「エンジン屋」最後の砦 少量でも2輪向け国内生産にこだわるワケ

拡大
縮小

2輪車エンジンに求められる精度は超シビア

自動車に比べて排気量が小さい2輪車エンジンは精密部品の固まり。設計や組み立てに求められる精度は自動車用のエンジンに比べ極めてシビアで、わずかな狂いが性能や耐久性に直結する。その厳しい条件で培った技術を自動車に応用できるからこそ、ホンダの競争力につながっている面がある。

組み立てという最終工程といえど、ホンダにとっての基幹技術を、コストや効率性の観点だけですべて海外には移せない。“マザー工場”で脈々と守り続けなければならない。全体で見ればわずかな量でも、国内生産にこだわる。ここにホンダの意地がある。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT