東ソー、成長引っ張る3つの軸

宇田川憲一社長に聞く

事故の教訓、安全改革に一層取り組む

――11年秋に爆発火災事故を起こした南陽事業所(山口県周南市)については。

12年前半は事故対応に注力しました。外部有識者にも参画していただいた事故調査対策委員会の審議・承認を経て、ソフト、ハード面の再発防止対策を立案し、関係行政官庁の承認を受け、昨年5月に第一VCM(塩化ビニルモノマー)製造設備を、7月に第三VCM製造設備を再稼動することができました。

事故以降、VCM生産能力の復旧については、複数の選択肢を検討してきましたが、投資採算性や工期などを勘案し、第三VCM製造設備の年産20万トンの増強を、昨年11月に決定しました。

――この投資決定のポイントは。

当社で製造したVCMを原料として、国内外のグループ会社がPVC(塩化ビニル樹脂)を製造しています。グループ会社へのVCMの安定供給を図るため、生産能力増強を決定しました。第三VCM製造設備は年産20万トンの増設が可能な先行投資を行っていたため、今回の投資は効率的であると考えています。何よりも安全改革に関してはさらに推進したいと考えています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。