地雷踏んだゾウ、義足を変え続けるワケ

10年間で9本目だゾウ

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

タイ北部のラムパーン県に住むゾウのモシャはこのほど、現在の体格と体重に見合った新しい義足を手に入れた。彼女が10年前にミャンマーとの国境地帯で地雷を踏んでしまってから、これで9本目だ。

取り付け作業を見守る外科医のターチャイ・ジバケイト教授によると、最初に義足を付けた時に600キロだったモシャの体重は現在2トン。義足を取り替え続けないと、「歩き方のバランスが悪くなって背骨が曲がったり軟骨をひどく痛めたりして、死んでしまったかもしれない」という。

9本目の義足は、熱で加工しやすいプラスチックと鋼鉄、弾性を持つエストラマー樹脂で構成されている。

世界初の「ゾウの病院」

モシャは1993年に世界初のゾウの病院としてタイ北部に開設された、アジア・エレファント財団の病院で暮らしている。現在ここにいる計17頭のうち、56歳のモタラも1999年に同じく国境地帯で地雷を踏んでしまった後、何度も義足を取り替えてきた。

国境地帯では、数十年間にわたって衝突を繰り広げてきた反乱軍とミャンマー政府軍が敷設した地雷原が、現在も点在している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。