錦織が脇腹痛で棄権、ウィンブルドン4回戦

「試合を続ける中で痛みが強くなった」

 7月4日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス4回戦、第5シードの錦織圭(写真)は脇腹痛により第9シードのマリン・チリッチとの試合を途中棄権した(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 4日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は4日、男子シングルス4回戦を行い、第5シードの錦織圭は脇腹痛により第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)との試合を途中棄権した。

錦織は1─6、1─5となった時点でプレーを中止した。6月15日に行われたゲリー・ウェバー・オープン2回戦の試合も脇腹のけがで棄権していた。この日は第2セット途中にマイケル・チャン・コーチがプレーを止めるよう求めたが、錦織はプレーを続行。それでも痛みには勝てなかった。

錦織は「この2週間でけがはあまり回復していない」とコメント。「100%のプレーをするのは難しいということは試合前から分かっていた」とし、「ポイントを重ねるにつれて痛みが強くなっていった。今日は棄権するしかなかった」と肩を落とした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT