錦織が脇腹痛で棄権、ウィンブルドン4回戦

「試合を続ける中で痛みが強くなった」

 7月4日、テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権の男子シングルス4回戦、第5シードの錦織圭(写真)は脇腹痛により第9シードのマリン・チリッチとの試合を途中棄権した(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 4日 ロイター] - テニスの四大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は4日、男子シングルス4回戦を行い、第5シードの錦織圭は脇腹痛により第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)との試合を途中棄権した。

錦織は1─6、1─5となった時点でプレーを中止した。6月15日に行われたゲリー・ウェバー・オープン2回戦の試合も脇腹のけがで棄権していた。この日は第2セット途中にマイケル・チャン・コーチがプレーを止めるよう求めたが、錦織はプレーを続行。それでも痛みには勝てなかった。

錦織は「この2週間でけがはあまり回復していない」とコメント。「100%のプレーをするのは難しいということは試合前から分かっていた」とし、「ポイントを重ねるにつれて痛みが強くなっていった。今日は棄権するしかなかった」と肩を落とした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT