イケアCEO「使い捨てではもはやダメだ」

品質向上への取り組み加速

7月4日、スウェーデン家具大手のイケア[は、品質改善に向けた取り組みを加速するとともに、製造効率を上げコスト削減を図る方針を明らかにした。写真はペーテル・アグネフィエルCEO。オランダ・レイデンで3月撮影(2016年 ロイター)

[エルムフルト(スウェーデン) 4日 ロイター] - スウェーデン家具大手のイケア[IKEA.UL]は、品質改善に向けた取り組みを加速するとともに、製造効率を上げコスト削減を図る方針を明らかにした。イケア・グループのペーテル・アグネフィエル最高経営責任者(CEO)がロイターに対し述べた。

消費者がより高品質で長持ちする商品を求めているため、こうした変化に対応する必要があるとした。

アグネフィエル氏は「顧客は(品質に関して)さらに上を求めている。使い捨てではもはやダメだ。長持ちするよう作られる必要がある」とした。

ただ、高価格帯の商品を求める消費者層への浸透を図る一方で、従来の売りである手頃さの間でバランスを取る必要があり、微妙な舵取りを迫られそうだ。

米アマゾン<AMZN.O>や中国アリババ<BABA.N>などのオンライン小売り大手のほか、英ネクスト<NXT.L>やスウェーデンのへネス・アンド・マウリッツ(H&M)<HMb.ST>、スペインのインディテックス<ITX.MC>傘下ザラなど、インテリア関連の商品を強化しているファッション大手など、イケアは新たなライバルとの競争激化にさらされている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT