米ディズニーが中国企業の「模倣映画」を提訴

映画「カーズ」著作権侵害で

 6月22日、米ウォルト・ディズニーは、中国で公開されたアニメ映画「汽車人総動員(The Autobots)」が、ディズニーのヒット映画「カーズ」に酷似しているとし、中国企業3社を著作権侵害で訴えた。米カリフォルニア州のディズニーランドで2012年6月撮影(2016年 ロイター/Alex Gallardo)

[上海 22日 ロイター] - 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、中国で公開されたアニメ映画「汽車人総動員(The Autobots)」が、ディズニーのヒット映画「カーズ」に酷似しているとし、中国企業3社を著作権侵害で訴えた。

問題の中国映画「汽車人総動員」は昨年中国で公開されたが、この映画を観た人からは、ディズニーの2006年の映画「カーズ」と2011年の同シリーズ「カーズ2」にそっくりだとの批判がインターネットに相次いで投稿された。

今回訴えられたのは、製作会社Blue MTV、メディア企業Beijing G-Point、PPLive Incの3社。

同作品を監督した卓建栄氏はロイターに対して、今後出される決定については「安心している」と述べ、「映画が盗作だとの批判がネットで多く出ているが、法律面でこの問題ははっきりしている。盗作行為はまったくない」と主張。2つの作品を並べて観れば、全く違うということに気が付く、と説明した。

ディズニーの「カーズ」の主人公は、赤い車体のライトニング・マックィーン。「汽車人総動員」も、主人公は赤いレーシングカーの「K1」だ。

ディズニーはコメントを拒否している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。