米ディズニーが中国企業の「模倣映画」を提訴

映画「カーズ」著作権侵害で

 6月22日、米ウォルト・ディズニーは、中国で公開されたアニメ映画「汽車人総動員(The Autobots)」が、ディズニーのヒット映画「カーズ」に酷似しているとし、中国企業3社を著作権侵害で訴えた。米カリフォルニア州のディズニーランドで2012年6月撮影(2016年 ロイター/Alex Gallardo)

[上海 22日 ロイター] - 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、中国で公開されたアニメ映画「汽車人総動員(The Autobots)」が、ディズニーのヒット映画「カーズ」に酷似しているとし、中国企業3社を著作権侵害で訴えた。

問題の中国映画「汽車人総動員」は昨年中国で公開されたが、この映画を観た人からは、ディズニーの2006年の映画「カーズ」と2011年の同シリーズ「カーズ2」にそっくりだとの批判がインターネットに相次いで投稿された。

今回訴えられたのは、製作会社Blue MTV、メディア企業Beijing G-Point、PPLive Incの3社。

同作品を監督した卓建栄氏はロイターに対して、今後出される決定については「安心している」と述べ、「映画が盗作だとの批判がネットで多く出ているが、法律面でこの問題ははっきりしている。盗作行為はまったくない」と主張。2つの作品を並べて観れば、全く違うということに気が付く、と説明した。

ディズニーの「カーズ」の主人公は、赤い車体のライトニング・マックィーン。「汽車人総動員」も、主人公は赤いレーシングカーの「K1」だ。

ディズニーはコメントを拒否している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT