自動車業界はソーシャルで大きく変わる

日産再生を担った米セールスフォース・ペラタ氏に聞く

日本が強かったゲーム業界でさえ基盤が破壊

日本が強かったゲーム業界もそうです。つい4年ほど前まではソニー、任天堂はゲームにおけるビッグネームでしたが、大変なスピードでその基盤が破壊されました。今ではアップル、グーグルなどに成長分野を奪われています。

ものすごく大きな嵐が業界を変えようとしているのです。何もしなければ他社がビジネスを奪っていきます。それを防ぐためにも、自動車メーカーはインターネット、ソーシャルメディアを積極的に活用するべきなのです。

しかし、残念ながら自動車メーカーはそうした情報を扱う専門家ではありません。そこでセールスフォースの出番がやってきます。私たちは専門家ですから、手助けができるのです。

接続されていくことをこれまでのビジネスを破壊する脅威と考えるか、あるいは拡大させていくチャンスと考えるかにより、運命が決まります。イノベーターにとっては大きなビジネスチャンスが広がっているのです。

――情報の所有者はあくまでメーカー。それを手伝うのがセールスフォースということですね。そこがグーグルとは違う、と。

誤解のないように。私たちは決してグーグルに対抗しているわけではないのです。セールスフォースは変革のお手伝いをするB2Bの企業ですから、グーグルとは立場が違うのです。変革を遂げたいと考えている企業と手を携えていくのが私たちのビジネスモデルです。

自動車メーカーが集めた情報は暗号化して、安全な形で私たちのデータセンターに保管します。しかしながら、おっしゃるとおり、データの所有者はあくまでも自動車メーカーです。このデータをどのように活用するか、決定権をもっているのは自動車メーカーです。自分で決めることができるのです。

次ページ勝ち組企業の条件とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。