2016年世界競争力調査の1位は香港、日本は?

スイスのビジネススクールIMDが30日公表

5月30日、スイスのビジネススクールIMDが公表した2016年の世界競争力調査で、ドイツが昨年から2つ順位を落として12位に転落、トップ10から外れた。写真はドイツの国旗。2014年11月、ベルリンで撮影(2016年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 30日 ロイター] - スイスのビジネススクールIMDが30日公表した2016年の世界競争力調査で、ドイツが昨年から2つ順位を落として12位に転落、トップ10から外れた。日本は1つ順位を上げ、26位だった。

同調査は61の国と地域を対象に、景気動向、政府の効率性、経営効率、インフラの4つの主な要因から340を超える基準の分析に基づいている。

IMDのディレクター、アートロ・ブリス氏は、政府と景気動向の評価が下がったことが、ドイツ転落の主な原因であることを調査は示していると指摘。「ドイツにとって最大の脅威は自己満足」だとし、これをはねのければ再びトップ10入りできるとの見方を示した。

首位は香港で、スイス、米国がそれに続いた。アジアでは、シンガポール(4位)、台湾(14位)、マレーシア(19位)、中国(25位)、日本(26位)、タイ(28位)、韓国(29位)が上位30位までにランクインした。

トップ10は以下の通り。(カッコ内の数字は昨年調査での順位)

1.香港 (2)

2.スイス (4)

3.米国 (1)

4.シンガポール (3)

5.スウェーデン (9)

6.デンマーク (8)

7.アイルランド (16)

8.オランダ (15)

9.ノルウェー (7)

10.カナダ (5)

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT