2016年世界競争力調査の1位は香港、日本は?

スイスのビジネススクールIMDが30日公表

5月30日、スイスのビジネススクールIMDが公表した2016年の世界競争力調査で、ドイツが昨年から2つ順位を落として12位に転落、トップ10から外れた。写真はドイツの国旗。2014年11月、ベルリンで撮影(2016年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 30日 ロイター] - スイスのビジネススクールIMDが30日公表した2016年の世界競争力調査で、ドイツが昨年から2つ順位を落として12位に転落、トップ10から外れた。日本は1つ順位を上げ、26位だった。

同調査は61の国と地域を対象に、景気動向、政府の効率性、経営効率、インフラの4つの主な要因から340を超える基準の分析に基づいている。

IMDのディレクター、アートロ・ブリス氏は、政府と景気動向の評価が下がったことが、ドイツ転落の主な原因であることを調査は示していると指摘。「ドイツにとって最大の脅威は自己満足」だとし、これをはねのければ再びトップ10入りできるとの見方を示した。

首位は香港で、スイス、米国がそれに続いた。アジアでは、シンガポール(4位)、台湾(14位)、マレーシア(19位)、中国(25位)、日本(26位)、タイ(28位)、韓国(29位)が上位30位までにランクインした。

トップ10は以下の通り。(カッコ内の数字は昨年調査での順位)

1.香港 (2)

2.スイス (4)

3.米国 (1)

4.シンガポール (3)

5.スウェーデン (9)

6.デンマーク (8)

7.アイルランド (16)

8.オランダ (15)

9.ノルウェー (7)

10.カナダ (5)

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT