韓国政府、日産の排ガス試験不正を告発

SUV車「キャシュカイ」で発覚、日産は否定

 5月16日、韓国政府、日産自動車の「キャシュカイ」モデルで排ガス試験の不正が発覚したとして、同社に対して3億3000万ウォン(27万9920ドル)の罰金を科す方針を明らかにした。写真は福島県で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[ソウル 16日 ロイター] - 韓国政府は16日、日産自動車<7201.T>のディーゼルSUV車「キャシュカイ」で排ガス試験の不正が発覚したとして、同社に対して3億3000万ウォン(27万9920ドル)の罰金を科す方針を明らかにした。

さらに、日産の韓国部門代表を告訴するとともに、韓国国内で販売されたキャシュカイ814台のリコール(回収・無償修理)を同社に命じる計画。

韓国政府は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の排ガス不正問題を受けて、ディーゼル車20車種について検査を実施。その結果、日産車には通常走行の状態で排ガス抑制システムを作動させないための装置が搭載されていたという。

これに対し、日産はいかなる不正行為もないと否定。同社韓国部門は声明で「これまでに生産した車を不正に操作したことはなく、指摘されたような装置を車に搭載したこともない」と説明した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT