韓国政府、日産の排ガス試験不正を告発

SUV車「キャシュカイ」で発覚、日産は否定

 5月16日、韓国政府、日産自動車の「キャシュカイ」モデルで排ガス試験の不正が発覚したとして、同社に対して3億3000万ウォン(27万9920ドル)の罰金を科す方針を明らかにした。写真は福島県で4月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[ソウル 16日 ロイター] - 韓国政府は16日、日産自動車<7201.T>のディーゼルSUV車「キャシュカイ」で排ガス試験の不正が発覚したとして、同社に対して3億3000万ウォン(27万9920ドル)の罰金を科す方針を明らかにした。

さらに、日産の韓国部門代表を告訴するとともに、韓国国内で販売されたキャシュカイ814台のリコール(回収・無償修理)を同社に命じる計画。

韓国政府は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の排ガス不正問題を受けて、ディーゼル車20車種について検査を実施。その結果、日産車には通常走行の状態で排ガス抑制システムを作動させないための装置が搭載されていたという。

これに対し、日産はいかなる不正行為もないと否定。同社韓国部門は声明で「これまでに生産した車を不正に操作したことはなく、指摘されたような装置を車に搭載したこともない」と説明した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。