任天堂、次世代機「NX」を来年3月に世界販売

6月のゲーム見本市「E3」では展示せず

 4月27日、任天堂は、次世代ゲーム機「NX」を2017年3月に世界で販売すると発表した。写真はロサンゼルスで昨年6月撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[大阪 27日 ロイター] - 任天堂<7974.T>の君島達己社長は27日、次世代ゲーム機「NX」を2017年3月に世界で販売すると発表した。ゲーム機の特徴や価格、同時発売ソフトなどの詳細については言及を避けた。

同社は今期、据え置き型ゲーム機「WiiU」の販売について前年比75%の大幅減を見込んでいるが、今期にギリギリ間に合う形でNXを投入することで、減少分をカバーしたい意向だ。

君島社長は、NXが業績予想に織り込まれていることを明らかにした上で、「NXの販売がWiiUの販売台数の減少をかなりの部分カバーできる見込みだ」と語った。

NXは、6月に米国で開催されるゲーム見本市「E3」では展示せず、年内に別に機会を設けて発表する。

今期の販売計画は、WiiUのハードが80万台(前期326万台)、ソフトが1500万本(同2736万本)、携帯型ゲーム機「3DS」のハードが500万台(同679万台)、ソフトが5500万本(同4852万本)。3DSのソフト以外は前年実績を下回る厳しい計画となっている。

だが、同社が発表した2017年3月期の連結業績予想は、売上高が前年比0.9%減の5000億円と、販売計画ほどの落ち込みにはなっていない。営業利益は同36.9%増の450億円と、逆に増益を予想している。

増益計画の背景について、君島社長は「携帯型のソフトは比較的高い水準で販売計画を立てている。スマートフォンビジネスもあり、これらの利益はより収益率が高い」などと説明した。

前提為替レートは1ドル110円、1ユーロ125円。

WiiUについては「今期も生産する」としたが、来期は「NXに大きくシフトする」と述べ、生産終了の「可能性がある」ことを明らかにした。

同社は3月に初のスマホ向けアプリとなる「Miitomo(ミートモ)」を投入。ユニークユーザー数はすでに世界で1000万を超えており、順調なスタートを切っている。2016年秋には「どうぶつの森」と「ファイアーエムブレム」の2タイトルを投入する計画で、継続投入することで収益力を高めたい考えだ。

2016年3月期の売上高は前年比8.2%減の5044億円と、7期連続の減収。営業利益は同32.7%増の328億円だった。

(志田義寧 編集:山川薫)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT