日経平均3日続伸、1万6600円突破

ドル高進み2週間ぶりに25日線回復

 4月13日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比248円61銭高の1万6629円83銭と3日続伸した。都内で昨年9月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比248円61銭高の1万6629円83銭と3日続伸した。前日の欧米株高に加え、ドル高/円安の進行など良好な外部環境を背景に買いが先行。

銀行、保険など金融株が引き続き堅調なほか、鉄鋼や非鉄金属、不動産なども買われている。日経平均は取引時間中で3月31日以来2週間ぶりに25日移動平均線(1万6584円33銭=13日)を回復した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT