日経平均3日続伸、1万6600円突破

ドル高進み2週間ぶりに25日線回復

 4月13日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比248円61銭高の1万6629円83銭と3日続伸した。都内で昨年9月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比248円61銭高の1万6629円83銭と3日続伸した。前日の欧米株高に加え、ドル高/円安の進行など良好な外部環境を背景に買いが先行。

銀行、保険など金融株が引き続き堅調なほか、鉄鋼や非鉄金属、不動産なども買われている。日経平均は取引時間中で3月31日以来2週間ぶりに25日移動平均線(1万6584円33銭=13日)を回復した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT