ポルシェ「911ターボ」はこんなにも凄まじい

580馬力の超絶パワーをトコトン試してみた

ポルシェのフラッグシップモデル「911ターボ」の進化に迫った

たかがマイナーチェンジと侮るなかれ。ポルシェ新型の911ターボを南アフリカでテストドライブ。一般道、サーキットを駆け抜け、911ファミリーにおけるフラグシップとしての進化に迫った。

911のフラッグシップ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

1974年のパリ・モーターショーで、わずかに1000台という生産目標台数を掲げた初代モデルが出展されてから、すでに40年以上。『ターボ』という名が与えられたポルシェ・911は、そうした長い時間の中で、いつも特別な存在だった。

ターボチャージャーという、それまでモータースポーツの世界でしか用いられることのなかったアイテムを採用する”特殊モデル”に、さしたる需要はないだろうという当初描かれた予想は良い方向へと外れ、今ではシリーズ全体のフラッグシップとして確固たるポジションを築いているのは、誰もが知るサクセスストーリー。

そうした名声が、まずは歴代のすべてのモデルが備えていた圧倒的なスピード性能によって育まれて来たことも、もちろん疑いようがない。

リファインを重ねるたびに、それが豪華な装備を満載する飛び切りラグジュアリーなGTカー的要素の持ち主へと成長していった点も大きな特徴のひとつだ。特に、1995年に発表の993型から採用された4WDシャシーは、このモデルを全天候型のスーパースポーツ・モデルという確固たるポジションへと導いた、大きなきっかけとなったテクノロジーでもある。

そんな911ターボが、991型としてのモデルライフ半ばで再び進化。我々の前へと姿を現した。まず手が加えられたのはその心臓部だ。

次ページ国際試乗会でテストドライブした
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。