三菱商事が積極投資 千代田化工を傘下に

三菱商事が積極投資 千代田化工を傘下に

三菱商事は3月31日、プラントエンジニアリング大手・千代田化工建設の608億円の第三者割当増資引き受けを発表した。同社への出資比率は10・3%から33・4%となり、持ち分法適用会社とする。

三菱商事の勝村元常務執行役員は「化学プラントは成長余地があり、千代化にはリソースがある」と期待を寄せる。千代化側にもカタールのLNGプラントに集中する事業ポートフォリオを、三菱商事のネットワークを活用し多角化する狙いがある。

千代化は同日、2008年3月期業績予想の下方修正も発表した。1兆円規模のカタール・LNGプラントが資材高騰で採算悪化、期中2度目の減額修正となる。プラント事業のリスクが高まっているため「信用補完狙いの増資」と見る向きもある。

同じ31日、三菱商事は三菱UFJリースの335億円、明治屋商事の80億円の第三者割当増資引き受けも発表。10日前には150億円で日本航空の優先株を取得した。積極投資はどう実るのか。
(山田雄大 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。