キンドルが変える! 出版業界の“旧秩序”《アマゾンの正体》

キンドルが変える! 出版業界の“旧秩序”《アマゾンの正体》

Ayako Jacobson ジャーナリスト(在シリコンバレー)

 米国の出版業界は今、歴史的な大転換の時を迎えている。そのことを象徴する“第一の事象”は、ついに全米最強の書店チェーン「バーンズ&ノーブル(B&N)」が、アマゾンに全米首位の地位を奪われたことだ。

両者は10年以上も前から宿命のライバル関係だ。B&Nは1997年5月、アマゾンがナスダックに上場したその同じタイミングで、“アマゾンキラー”の異名を持つオンライン書店「B&N・コム」をスタート。すでにして巨大なバイイングパワーと価格競争力を誇るB&Nが時を待たずにアマゾンを葬り去る、とも言われたものだ。

創業間もないアマゾンは必死に出鼻をくじこうとした。B&N・コムが採用した購入画面が、アマゾンのビジネスモデル特許「ワンクリック購入」(住所とクレジットカード番号を記録しておき、一度のクリックで買い物が完了)を侵害しているとして提訴。その是非をめぐって反感を買いながらも、生き残りのために必死だった。

ところが、“アマゾンキラー”はアマゾンの独走を止めることはできなかった。98年9月にはナスダック上場を果たしたものの業績低迷が続き、2003年11月には親会社のB&Nの完全子会社となった。現在も同部門の売上高を公表しているが、年間4億ドル台でたゆたったままだ(下グラフの黄緑色部分)。

06年にはボーダーズがアマゾンに抜かれて赤字に転落。もはや先行きの見えない経営状態だ。B&Nにも、同じ悪夢がよぎる。B&Nの時価総額は11億ドル。360億ドルのアマゾンの足元にも及ばない状況だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。