キンドルが変える! 出版業界の“旧秩序”《アマゾンの正体》


 そして3番目が「米国独自の環境」だ。米国では2年ほど前から新聞業界の衰退が著しい。宅配が止まった町も多く、紙の新聞を読むことに慣れ親しんだ世代は不満に感じていた。また90年代に進んだ大型チェーン化で独立系の書店の数も減少し、書店へ行くのに車で1時間かかるような町はザラ。アマゾンに注文しても、到着まで数日待たされるような所に住んでいる人も多い。そういう人にとって、「どんな本も60秒で買える」キンドルはまさに救いの神なのだ。

ただし、キンドルの操作は複雑で、使い勝手がよくないとの悪評もある。それもあり、アマゾンはキンドルのユーザーのコミュニティを全米主要都市に設置した。ニューヨークなどの大都市では、キンドルユーザーのオフサイトミーティングも行われており、お互いに使い方などを教え合っている。

キンドルとは対照的な事業展開をしているのが、ソニーの「リーダー」だ。リーダーはアイコンを見ながら直感で操作できるようにインターフェースを工夫している。ビジネスモデルも真逆だ。アマゾンが自社の圧倒的な顧客基盤を背景に、キンドル独自のファイルフォーマット「AZW」でコンテンツを囲い込み、垂直統合型の世界を形作っているのに対し、ソニーは米出版業界標準のEPUB(米大手出版社のハーパー・コリンズやランダム・ハウスが採用)に対応している。さらに、アドビ社のフォーマットである「PDF」、マイクロソフト社の「XPS」などIT業界のデファクトにも対応している。

この「オープン戦略」が奏功し、仲間作りにも成功している。特に、心強い味方がグーグルだ。7月末、ソニーとグーグルは、グーグルが保有する100万冊に及ぶ著作権フリーコンテンツがソニー「リーダー」で読めるようになったと発表。コンテンツの「量」では、アマゾンを大きく凌駕した。米ソニー・エレクトロニクスの野口不二夫デュプティプレジデントは「オープン、グローバルという点でソニーは先を行っている」と胸を張る。

もちろん、グーグルのポリシーも「オープン」。ソニーだけと組むわけではない。グーグル・ブックスのエンジニアリング・ディレクターを務めるダン・クランシー氏は言う。「興味があるすべての電子ブック業者とパートナーを組むつもりだ。電子書籍コンテンツをグーグルが保存しておき、それに対してフリーにアクセスできる環境を提供したい」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT