政権力 一国のリーダーたる器とは 三宅久之著

政権力 一国のリーダーたる器とは 三宅久之著

政治とは、権力の奪い合いであり、見た目にきれいなもの、美しいものではない。悪事を働くのは論外だが、この時代に政治家に必要とされる資質は、先見性、豊富な経験、決断力、調整能力といったセールスポイントより、何よりも国民大衆に対するアピール力、訴求能力だ。

政治ジャーナリストとして50年以上にわたり永田町を間近で見てきた著者が、「政権力」というキーワードを中心に探る政治の本当の姿。吉田茂から小泉純一郎まで現場にいた人間しか知りえない歴代内閣のエピソードを交えながら、混迷する日本政治に求められるリーダーの姿、政権のあり方を示唆し、表側からだけではわかりにくい政治・政治家の本質を語る。

青春新書インテリジェンス 809円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT