高級食器クライシス、相次ぐ経営破綻

深刻さを増す百貨店不況。その中でも、数年前から売り場が急速に縮小している分野が、高級洋食器だ。今、国内のみならず、世界の洋食器業界がかつてない危機を迎えている。

今年初め、「ウォーターフォード・ウェッジウッド」が破綻したニュースは、日本の洋食器メーカーや消費者にも衝撃を与えた。英国女王に愛されて別名「クイーンズウエア」と呼ばれるように、国際的な知名度は抜群に高い。

その直前の昨年11月には、「レノックス」も米連邦破産法11条を申請し、事実上経営が破綻した。1世紀もの間、ホワイトハウスの公式晩餐会を彩ってきた米国製の最高級ブランドだ。同時期にイギリスでも、英国王室から「ロイヤル」の名を授かった「ロイヤル・ウースター・スポード」が破綻した。「ペインテッド・フルーツ」と呼ばれる絵付けが有名な超老舗だが、力尽きた。

日本では最大手のノリタケカンパニーリミテドが苦しんでいる。2009年3月期決算では食器部門の営業損益が21億円の赤字となった。2位の鳴海製陶も前年度決算は計画を下回ったが、「今年度はさらに厳しい状況」(西村直人執行役員)。

昨年後半からの景気悪化が引き金を引いた形だが、高級食器メーカーは、そのきらびやかな事業の裏で脱出困難な深みにはまっていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。