英国でSL「フライング・スコッツマン」が復活

10年かけて復元

 2月25日、英ロンドンのキングス・クロス駅で、10年をかけて復元された蒸気機関車「フライング・スコッツマン」がお披露目された(2016年 ロイター/Paul Hackett)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英ロンドンのキングス・クロス駅で25日、10年をかけて復元された蒸気機関車「フライング・スコッツマン」(空飛ぶスコットランド人)がお披露目された。

復元には420万ポンド(約6億6000万円)が投じられた。ブリティッシュ・レイル伝統の濃い緑色の車体が印象的な機関車の登場に、同駅には大勢の見物客が詰めかけた。

機関車は北部ヨークに向けて同駅を出発したという。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?