英国でSL「フライング・スコッツマン」が復活

10年かけて復元

 2月25日、英ロンドンのキングス・クロス駅で、10年をかけて復元された蒸気機関車「フライング・スコッツマン」がお披露目された(2016年 ロイター/Paul Hackett)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英ロンドンのキングス・クロス駅で25日、10年をかけて復元された蒸気機関車「フライング・スコッツマン」(空飛ぶスコットランド人)がお披露目された。

復元には420万ポンド(約6億6000万円)が投じられた。ブリティッシュ・レイル伝統の濃い緑色の車体が印象的な機関車の登場に、同駅には大勢の見物客が詰めかけた。

機関車は北部ヨークに向けて同駅を出発したという。

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。