積水ハウスをむしばむ“慢性疾患” 不動産膨張戦略の正念場

積水ハウスをむしばむ“慢性疾患” 不動産膨張戦略の正念場

積水ハウスが業績急落に苦しんでいる。2007年1月期に営業利益1115億円と過去最高を更新、翌期も1000億円の大台を維持したが、前期は3割減の739億円になり、今期も390億円に続落する。

世界大不況直撃もあるが、不振の原因はむしろ会社内部にある。

まず主力事業の“慢性疾患”だ。業界トップの鉄骨プレハブ住宅など、戸建て住宅事業の土台が長く静かにむしばまれ続けているのだ。和田勇・現会長兼CEOが前職の社長に就いた1998年4月以来の数字でも明白だ。

戸建て住宅・賃貸アパート建設請負の工業化住宅請負セグメントの営業利益は00年1月期をピークに前期までほぼ一貫して低下している。

社長就任後真っ先に和田は市場シェア10%獲得の目標をブチ上げた。その実現に向けCS(顧客満足度)向上を掲げ、戸建て住宅受注件数に占める顧客からの紹介比率(受注紹介比率)を70%にまで引き上げると大号令をかけた。「紹介販売こそが顧客からの通信簿」という思いを込めてである。だが、03年1月期の55・7%を頂点に、直近の35・3%へと下落が止まらない。

賃貸アパートを含む全住宅販売戸数も23%減少。高級賃貸アパートに力を注ぎ、数量を犠牲にした部分があるとはいえ、市場シェアは漸減。社長就任時の和田の目標の半分にも満たない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。