いざ衆院選、ネットの”政治”でも楽天・ヤフー・グーグルが対決!

いざ衆院選、ネットの”政治”でも楽天・ヤフー・グーグルが対決!

注目の解散総選挙のスケジュールがいよいよ固まった。8月30日の投票に向け政権を賭けた戦いが本格化するが、ネットの世界でも”政治”が熱くなっている。
 
 ネット検索大手・グーグルの日本法人は7月13日、利用者から質問事項を募り政治家がユーチューブで回答するプロジェクト「未来を選ぼう2009」を開始した。
 
 専用のサイト(google.co.jp/mirai2009)を使って、利用者から、次期衆院選挙の立候補予定者に対する質問を募集、それらの質問へ賛同する投票も募り、投票数の多い5つの質問を決定する。質問のジャンルを、「景気、経済、雇用」「環境」「外交や防衛」など12ジャンルに分けており、各ジャンルの中でもっとも得票を集めたもののなかから上位の5つを選ぶ仕組みだ。
 
 この5つの質問をサイト上で発表、立候補の予定者は、ユーチューブに動画を投稿することで回答する。グーグルのアカウントを持っていればだれでも質問の投稿はでき、また質問に対する投票もできる。
 
 立候補者の回答ビデオは、実際の立候補が確認できた回答者の動画について、特設のサイト上でも見られるようにする。
 
 今回のプロジェクトは、グーグルがサービスする「google モデレーター」の仕組みを使ったもの。グーグルモデレータは、テーマやトピックスを設定しそれらに質問を投稿したり、投稿された質問に投票することができるサービスだ。今回のプロジェクトに合わせて日本語に対応させた。
 
 グーグルでは「政治活動でネットをもっと有意義に活用してもらうのが意図」(辻野晃一郎日本法人社長)と説明、自社のマーケティングの目的はないとする。ちなみに、同様の仕組みを米オバマ大統領が活用、大統領候補者時代から市民との対話に活用しているという。

一方、ネット通販モール最大手の楽天も、ポータル大手のヤフーと提携し、27日に、カード決済で個人の小口献金できる仕組みをスタートさせる。政治サイト「LOVE JAPAN」を拡充し、政治家の情報などを掲載すると同時に、「献金ボタン」を配置。利用者はワンクリックで献金することが可能だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT