松下からパナソニックへ 世界で戦うブランド戦略 大河原克行著

松下からパナソニックへ 世界で戦うブランド戦略 大河原克行著

昨年10月1日に、松下電器産業は、パナソニックへと社名を変更。創業90周年を迎えた同社が、創業者である松下幸之助氏の名を、社名から取りはずすとともに、日本国内では長年親しまれてきた「ナショナル」のブランドを廃止する大きな決断だった。

なぜパナソニックは、社名を変更し、ブランドを「パナソニック」に統一したのか。本書は、大坪文雄社長をはじめとする取材による臨場感あふれる内容で、社名変更までの決断を追い、その狙いを明らかにした。子会社を含むすべてのリソースを「パナソニック」の名のもとに集中させることで、創業100周年には世界ナンバーワンの電機メーカーを目指す。そのための地道な改革が始まっている。

アスキー新書 780円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。