ベンツ「スマート」4人乗り復活が示す転身

MINIに倣い、コンセプトからブランドへ

「プロジェクト・エジソン」と名付けられた共同開発の現場を、筆者は一度だけ見たことがある。数年前、ルノーの研究施設に行ったところ、敷地内にスマートの改造車が止めてあり、エンジニアに「次期トゥインゴ?」と聞いたら笑みを返してきたのだ。

ちなみにそのスマート、派手なオーバーフェンダーを装着し、全幅を拡大していた。当時は理由がわからなかったが、新型を見て納得した。新型はフォーツーとフォーフォーの全幅が同一になったのだ。リアエンジンであることも共通であり、部品の共用化を推進できた。

さらにルノーは日産同様、電気自動車にも力を入れており、日産を上回る4車種を販売している。新型スマートの電気自動車はこれらの車両が使うモーターを積む予定と言われており、ここでもコストダウンが期待できる。

コンセプトからブランドへ

2015年11月に埼玉県で行われたスマートの報道関係者向け試乗会。フォーフォーは発売前だったので、ドライブできたのはフォーツーだけだったが、走り出してすぐに協業の成果が確認できた。

全幅が広くなると、転倒の危険性が少なくなり、安定性で有利になる。サスペンションの設計にも余裕が生まれる。つまりハンドリングと快適性をともに向上できる。新型スマートはその特性を生かしきっていた。従来型の欠点だった乗り心地の硬さやコーナーでの不安定感が解消されていた。

この走りに、カングーのように背が高くても乗り心地のよいクルマを開発できるルノーのノウハウが生かされたかはわからないが、都市内移動というコンセプトに見合った乗り心地を、3代目にしてようやく獲得できていた。ホイールベースの長い4人乗りのフォーフォーはさらに快適に仕上がっているだろう。

画像を拡大
コンパクトながら快適な車内

その代わりコンパクトネスという点では一歩後退したものの、ダイムラーはミニ(BMW MINI)の成功を見て、考えを変えたのではないかと想像している。ミニもスマートも、初代は独創的な技術を投入することで、最小限のボディに2人あるいは4人の大人を収容したコンセプトが革新的だった。しかし現在のミニは全幅については3ナンバーであり、サイズで見ればミニではない。デザインや走り味でミニらしさを演出するというブランディングに転換している。

スマートもボディは従来から大型化したうえにフォーフォーの復活もあり、その点ではスマートと言い難くなった。しかしリアエンジンや、トリディオンセーフティセルと呼ばれる強固なボディ構造は継承することで、スマートらしさをアピールしている。スマートはコンセプトからブランドになったのである。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT