森田 洋之
森田 洋之(もりた ひろゆき) Hiroyuki Morita
医師、南日本ヘルスリサーチラボ代表

医療経済ジャーナリスト。鹿児島医療介護塾まちづくり部長、日本内科学会認定内科医、プライマリ・ケア指導医、鹿児島県参与(地方創生担当)。1971年横浜生まれ、一橋大学経済学部卒業後、宮崎医科大学医学部入学。宮崎県内で研修を修了し、2009年より北海道夕張市立診療所に勤務。同診療所所長を経て、現在は鹿児島県で研究・執筆・診療を中心に活動している。専門は在宅医療・地域医療・医療政策など。2011年、東京大学大学院H-PAC千葉・夕張グループにて夕張市の医療環境変化について研究。2012年、日本医事新報にて「夕張希望の杜の軌跡」を1年間連載。2014年、TEDxKagoshimaに出演、「医療崩壊のすすめ」で話題を集める。同年、研究論文「夕張市の高齢者一人あたり診療費減少に対する要因分析」(社会保険旬報)発表。2016年、著書『破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜』にて、日本医学ジャーナリスト協会優秀賞を受賞する。これまでに、厚生労働省・財務省・東京大学・京都大学・九州大学、その他各種学会など講演多数。また、NHK・日本経済新聞・産経新聞・西日本新聞・南日本新聞・日経ビジネスなど取材多数。著書に『破綻からの奇蹟〜いま夕張市民から学ぶこと〜』、共著に『あおいけあ流 介護の世界』(加藤忠相との共著)がある。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT