川崎 昌平
川崎 昌平(かわさき しょうへい) Shohei Kawasaki
作家・編集者

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。作家・編集者。主な著書に『ネットカフェ難民』(幻冬舎)、『重版未定』、『重版未定2』(ともに河出書房新社)、『編プロ☆ガール』(ぶんか社)、『労働者のための漫画の描き方教室』(春秋社)などがある。現在、『ぽんぽこ書房小説玉石編集部』を「小説宝石」(光文社)にて連載中。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。