富岡 幸雄(とみおか ゆきお) Yukio Tomioka
中央大学名誉教授、名誉評議員

1925年生まれ。商学博士。旧制横浜高等商業学校(現・横浜国立大学経済学)在学中に学徒出陣。復員後、国税庁へ勤務。そのかたわら中央大学法学部の夜間部へ通い、第1回公認会計士試験、第1回税理士試験に合格。在職中に日本初の節税指南書を刊行。国税庁から中央大学助教授へ転じ、1965年に教授就任。その後、政府税制調査会特別委員などを歴任。1995年に退職した後も富岡総研を主宰し研究を継続している。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。