下村 健寿(しもむら けんじゅ) Kenju Shimomura
福島県立医大主任教授、医師

福島県立医科大学医学部病態制御薬理医学講座主任教授。医学博士・医師。元・英国オックスフォード大学生理学・解剖学・遺伝学講座/遺伝子機能センター・シニア研究員。インスリン・糖尿病学の世界的権威、フランセス・アッシュクロフト教授に師事。同大学にて2004年に発見された、新生児糖尿病の治療法発見に貢献する。特に2007年に米国神経学会雑誌「Neurology」において、新生児糖尿病の最重症型であるDEND症候群の世界初の治療有効例を、その治療法・病態メカニズムとともに報告し、Editorial論文に選ばれ高い評価を受けた。現在は母校・福島県立医科大学病態制御薬理医学講座の主任教授を務める。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT