アンドルー・B・アークリー Andrew B. Arkley
メディカルクリニックあざみ野 事務長

1958年、オーストラリアのメルボルン市に生まれる。中学時代は国連に勤める父に従ってスリランカ、ジャマイカにそれぞれ一年間滞在した。1975年、国際ロータリークラブの交換留学生として学習院高等科に留学。浩宮徳仁親王(現・今上天皇)と同じ地理研究会に所属した。いったん帰国した後、文部省(当時)の学部国費留学生として東京外国語大学に入学。日本事情を専攻し。卒業後はオーストラリアに帰り、鉱山会社のリオティントに就職。東京丸の内の子会社に転勤となり、再び来日。その後、オーストラリア外務省へ出向するために帰国。1986年に再来日した。元日豪音楽交流協会会長、元オーストラリアビジネス協会副会長。1993年、徳仁親王と雅子妃のご婚約にあたり、『ぼくの見た皇太子殿下』(海越出版社)を上梓。現在は、横浜市緑区にある内科クリニック「メディカルクリニックあざみ野」で事務長を務める。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。