PhotoGallery

「チョコレートかき氷」とは一体どんな物なのか

6月1日から9月末ごろまでの期間、1日15杯限定で販売されているMinimalのチョコレートかき氷(990円)。氷とチョコレートシロップを、フルーツやジュレ、練乳などで調和させた(撮影:今井康一)
Minimal 富ヶ谷本店。実店舗としてはほかにMinimal The Baking 代々木上原店を展開。好調だった銀座店はコロナの影響もあり2020年11月に閉店(撮影:今井康一)
紅茶入りの練乳を回しかける。紅茶の渋みや苦みがチョコレートシロップのほろ苦さと響き合い、味に奥行きを出している(撮影:今井康一)
ガトーショコラの食べ比べセット。3種類とドリンクのセットは1200円だが、全6種類を食べ比べるセット(+600円)の人気が高いという(写真:Minimal)
Minimal代表の山下貴嗣氏。コロナ禍の到来とほぼ同時にweb戦略へと舵を切ったことが幸いし、業績はコロナ以前よりアップしているという(撮影:今井康一)
イートインも可能な富ヶ谷本店店内。チョコレートかき氷のほか、パフェやオリジナルのドリンクも楽しめる(撮影:今井康一)
かき氷ブーム到来と言われて久しく、季節を問わず販売する店も珍しくなくなっている。またSNS隆盛の時代、そのままでも見た目のインパクトが飛び抜けている、かき氷の人気はまだまだ続くだろう。…
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア