デキる人ほどスマホではGmailしか使わない

キャリアメールはガラケー時代の遺物

スマホでまだキャリアのメールアドレスを使っていませんか?(写真:xiangtao / PIXTA)

筆者都合でなかなか更新されない連載となっているこの「メールの作法」、ようやく第4回です。「メールの書き方」「CCの使い方」と続き、前回の第3回は対応によっては社会問題にまで発展してしまう「添付ファイル」について述べました。

今回は、スマホで使うべき「メールサービス」についてです。ここでは会社から支給されるメールアドレスのことは除外してお話しますので、それを踏まえてどうぞ。

キャリアメールではなく「Gmail」を使おう

この連載の一覧はこちら

結論を先に言いましょう。個人のメールを効率よく使うなら「Gmail」です。

スマホ以前のガラケー(フィーチャーフォン)の時代、個人のメールで主流だったのは、ケータイキャリア各社が提供する「Eメール」でした。NTTドコモであれば「@docomo.ne.jp」のアドレスのメールサービスですね。欧米とは異なり、日本ではショートメール(SMS)の時代をすっとばしてインターネットメールがケータイとともに普及したため、キャリアのEメールが主流となったのです。文字数制限などがあり、インターネットメールとしては変わった仕様だったキャリアメールもケータイだけで使う分には問題ありませんでした。

しかしノートパソコン並みの機能を持つスマホでは、キャリアメールではなく、Gmailがオススメです。

次ページまずはグーグルアカウントを取得する
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT