リンカーン弁護士(The Lincoln Lawyer)--法律は映画の味方か《宿輪純一のシネマ経済学》

米国の“ベストセラー作家”(いつか筆者もそういわれたいものである)マイクル・コナリー原作の、同名のベストセラー小説を映画化した法廷ドラマ。マイクル・コナリーのほかの小説では、秀作『ブラッド・ワーク』が2002年にクリント・イーストウッド製作・監督・主演で公開されている。

本作品は、優秀だがいろいろあって、リンカーン(少し前の車種だが)の後部座席を事務所として活動する、バツ2のやり手弁護士ミック(マシュー・マコノヒー)の話。そんなミックの顧客は、主に麻薬の売人や娼婦たちといった下流階級。時には汚い手も使いながら、抜け目なく弁護士として何とかリンカーンと生きてきた。
 
 ある日、彼の元に殺人未遂容疑で訴えられた大金持ちのドラ息子、ルイス(ライアン・フィリップ)の事件の依頼が来る。ミックはめったにない儲かる仕事と、うまく収めようとするが、予想に反してルイスは無実を訴える。そしてミック自身もより大きなトラブルに巻き込まれていく。映画では、法廷ドラマは室内の神経戦となり、難しい内容が多い。しかし、本作品は原作がよいだけに飽きさせない。



© 2010 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC And LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

同じく法廷ドラマで、ジョン・グレシャム原作の『評決のとき』(96年)で新米弁護士役に大抜擢され、スターの仲間入りをしたマシュー・マコノヒー。今回は、敏腕の弁護士を熱演する。
 
 彼はしばしば映画の中で“裸”になるので有名だが、今回は無意味に裸になることもない。リース・ウィザースプーンの元夫で、ドラ息子を演じるライアン・フィリップも、だんだん中年になってきたとはいえ、いまだに若い。本作品の“怪しすぎる”演技にはハラハラさせられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。