ベライゾン、ヤフー事業買収検討の可能性

フラン・シャンモCFOが言明

 12月7日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのフラン・シャンモ最高財務責任者は、ヤフーの中核事業買収を検討する可能性があると語った。写真はベライゾンの広告、ニューヨークで5月撮影(2015年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ 7日 ロイター] - 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>のフラン・シャンモ最高財務責任者(CFO)は7日、ヤフー<YHOO.O>の中核事業買収を検討する可能性があると語った。

シャンモCFOは「戦略上の適合性があり、株主に利益をもたらすことができると判断すれば、検討することになるだろう」と言明した。ただ、現時点で言及することは時期尚早とした。

ヤフーは前週4日までに開催した取締役会で、業績が低迷する中核のインターネット関連事業の売却を含む複数の選択肢を検討。インターネット関連事業には、検索およびディスプレイ広告事業、「ヤフーメール」やニュース・スポーツサイトなどが含まれる。

ベライゾンは今年、米インターネット・サービスのAOL<AOL.N> を約44億ドルで買収。AOLのモバイル向け動画プラットフォームなどを獲得し、事業多角化を進めている。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。