ベライゾン、ヤフー事業買収検討の可能性

フラン・シャンモCFOが言明

 12月7日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのフラン・シャンモ最高財務責任者は、ヤフーの中核事業買収を検討する可能性があると語った。写真はベライゾンの広告、ニューヨークで5月撮影(2015年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ 7日 ロイター] - 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ.N>のフラン・シャンモ最高財務責任者(CFO)は7日、ヤフー<YHOO.O>の中核事業買収を検討する可能性があると語った。

シャンモCFOは「戦略上の適合性があり、株主に利益をもたらすことができると判断すれば、検討することになるだろう」と言明した。ただ、現時点で言及することは時期尚早とした。

ヤフーは前週4日までに開催した取締役会で、業績が低迷する中核のインターネット関連事業の売却を含む複数の選択肢を検討。インターネット関連事業には、検索およびディスプレイ広告事業、「ヤフーメール」やニュース・スポーツサイトなどが含まれる。

ベライゾンは今年、米インターネット・サービスのAOL<AOL.N> を約44億ドルで買収。AOLのモバイル向け動画プラットフォームなどを獲得し、事業多角化を進めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。