村上氏、黒田電気など4銘柄の全株式を売却

黒田電気、エクセル、三信電気、アコーディア

8月20日に大阪市内で開かれた黒田電気の株主総会。101人の株主が出席した(撮影:梅谷秀司)

[東京 4日 ロイター] - 旧村上ファンド代表の村上世彰氏が、自身の名義で保有する黒田電気 <7517.T>、エクセル <7591.T>、三信電気 <8150.T>、アコーディア・ゴルフ <2131.T>の全株式を売却したことが分かった。売却前の保有割合は黒田電気で9.31%、エクセルで9.49%、三信電気で9.61%、アコーディアで8.38%。4日に提出された大量保有報告書で明らかとなった。

一方、村上氏の長女、村上絢氏が経営する投資会社C&Iホールディングスや、旧村上ファンド出身者が運営する運用会社レノなどが買い増ししており、共同保有割合に大きな変更はない。共同保有分は三信電気のみ14.78%から15.30%に増加しているが、黒田電気は16.15%、エクセルは11.50%、アコーディアは19.24%と従来の比率のままとなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。