村上氏、黒田電気など4銘柄の全株式を売却

黒田電気、エクセル、三信電気、アコーディア

8月20日に大阪市内で開かれた黒田電気の株主総会。101人の株主が出席した(撮影:梅谷秀司)

[東京 4日 ロイター] - 旧村上ファンド代表の村上世彰氏が、自身の名義で保有する黒田電気 <7517.T>、エクセル <7591.T>、三信電気 <8150.T>、アコーディア・ゴルフ <2131.T>の全株式を売却したことが分かった。売却前の保有割合は黒田電気で9.31%、エクセルで9.49%、三信電気で9.61%、アコーディアで8.38%。4日に提出された大量保有報告書で明らかとなった。

一方、村上氏の長女、村上絢氏が経営する投資会社C&Iホールディングスや、旧村上ファンド出身者が運営する運用会社レノなどが買い増ししており、共同保有割合に大きな変更はない。共同保有分は三信電気のみ14.78%から15.30%に増加しているが、黒田電気は16.15%、エクセルは11.50%、アコーディアは19.24%と従来の比率のままとなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。