村上氏、黒田電気など4銘柄の全株式を売却

黒田電気、エクセル、三信電気、アコーディア

8月20日に大阪市内で開かれた黒田電気の株主総会。101人の株主が出席した(撮影:梅谷秀司)

[東京 4日 ロイター] - 旧村上ファンド代表の村上世彰氏が、自身の名義で保有する黒田電気 <7517.T>、エクセル <7591.T>、三信電気 <8150.T>、アコーディア・ゴルフ <2131.T>の全株式を売却したことが分かった。売却前の保有割合は黒田電気で9.31%、エクセルで9.49%、三信電気で9.61%、アコーディアで8.38%。4日に提出された大量保有報告書で明らかとなった。

一方、村上氏の長女、村上絢氏が経営する投資会社C&Iホールディングスや、旧村上ファンド出身者が運営する運用会社レノなどが買い増ししており、共同保有割合に大きな変更はない。共同保有分は三信電気のみ14.78%から15.30%に増加しているが、黒田電気は16.15%、エクセルは11.50%、アコーディアは19.24%と従来の比率のままとなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT