羽生結弦、史上初の「300点超え」で優勝

長野のNHK杯、合計322.40点で優勝

 11月28日、フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦、NHK杯の男子フリーでは羽生結弦が合計322.40点で優勝(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[28日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯は28日、長野市のビッグハットで競技を行い、男子は羽生結弦が合計322.40点で優勝した。

羽生は前日のショートプログラム(SP)に続きこの日のフリーでも1位となり、史上初の300点超えを達成。GPファイナル(12月10日─13日、バルセロナで開催)出場も確定させた。

金博洋(中国)が合計266.43点で2位。無良崇人は3位、田中刑事は5位だった。

女子は宮原知子が合計203.11点で初優勝。コートニー・ヒックス(米国)が2位。SP4位の浅田真央は3位だった。宮原と浅田はGPファイナル出場が決まった。木原万莉子は10位に終わった。

関連記事
トピックボードAD
  • 地方創生のリアル
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • フランスから日本を語る
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。